Skip to main content
ブログ

オーストラリアへの進出: 好況の地でソフトウェア販売を成功させる方法とは?

担当者: Humphrey Chan

最終更新日:1. March 2018


お客様がオーストラリアで製品を販売していないのであれば、ぜひ販売してください。というのも、APAC地域は2017年第1四半期におけるグローバルオンライン販売で全体の40%を占め、中でもオーストラリアがその地域での有望な市場として見込まれているためです。その理由はいくつかあります。まず、インターネット利用率が85%と高く、しかも上昇中です。次に、モバイルデバイスの普及度(1940万人のユーザー)、さらにオンラインビジネスの成長を実現する強力なインフラ、などが挙げられます。eMarketer社が行った調査によると、同地域におけるEコマースの売上高は2017年末までに320億ドルを超え、Eコマース市場での世界トップ10に入ると予測されています。

では、この好況な市場に参入するための準備はどのように行ったらよいでしょうか。販売を開始するにあたり、事前にいくつかの項目を調査しておく必要があります。

  1. 決済方法: オーストラリアでの販売を効果的に行うには、普及している決済方法を調査し、お客様のサイトからユーザーが安心して製品を購入できるようにすることが何よりも重要です。オーストラリアではクレジットカードやデビットカードが一般的ですが、オーストラリア人の80%以上はオンラインバンキングを使用して携帯電話から商品やサービスを購入しています。また、Merchant Warriorなどの決済ゲートウェイやPayPalといった決済サービスも人気です。チェックアウト時にクレジットカードやデビットカード以外の支払いオプションが提示されれば、顧客は安心して購入できるようになり、その結果コンバージョン率が向上します。
  2. カスタマーサポート: 顧客が好む形式でサポートを利用できるようにすることは、顧客をつなぎとめるうえで極めて重要です。ICMIによると、オーストラリアの顧客の約3分の2は、電話を使うのは最後の手段と考えています。顧客の59%は依然として電話を使用する一方で、33%はセルフサービスのサポートを利用しており、21%はライブチャットを活用しています。また、40%以上はたとえチャネルを切り替えたとしても、同じ代理店に連絡できることが望ましいと考えています。お客様のサイトの顧客をサポートするための複数のオプションを用意することで、顧客満足度が向上し、最終的にはリピーターの確保につながります。
  3. ローカライズされたコンテンツ: オーストラリアで使われる言語は英語ですが、言葉は異なる文脈においては別の意味を持つことが多いことを念頭に置いてください。製品の説明を記述する際には、言葉遣いが状況に合っているかどうか常に確認してください。また、現地の季節は北半球の気候とは反対であるため、季節ごとの販促やセールは時期外れとなる場合があります。コンテンツがオーストラリアの言語や文化に沿ったものであるか確認することは、この成長中の地域での製品販売に成功するうえで不可欠です。できれば国内の専門家にコンテンツを見直してもらうのが良いでしょう。

オーストラリアのEコマース市場は急速に成長しており、オンラインソフトウェアビジネスの拡大にとっては今がチャンスです。進出を検討している市場については調査を事前に行うことで、各地域でのコンバージョン率をさらに向上させることができます。

MyCommerceのサポートを得て、グローバル市場に参入しましょう。